安産祈願を終えて

この地区では12月の霜月祭りの中で初宮詣・合格祈願~様々な御祈願を行っていますが、霜月祭り以外の時にも、常時御祈願御祈祷を受付しております。
令和3年に入り1月の戌の良き日に安産祈願を行いました。
小さな神社で質素な形とはなりましたが、小さな神社でも神様が小さい訳ではありません。心より安産を願い、ご奉仕させていただきました。
又、通常のお守りの他に、当神社オリジナルの戌のお守りも安産祈願の方に授与しております。
御祈願等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。


安産祈願守り
安産祈願された方へオリジナル御守授与します。

令和3年 雷のおへそ御朱印

 当神社の境内にある落雷にあったが枯れずにコブが成長し続けている「不死身の御神木」の御朱印の案内。(すでに令和2年12月11日より受付ております)
知らぬ間に地元では「雷のおへそ」と呼ばれ、地元保育園児が散歩に来るたびに「おへそ、おへそ」と撫でて帰るようになりました。
地元、保育園児や先生方には、祭り前の清掃活動・植樹等にご協力してくださっていることもあり、「雷のおへそ」御朱印につきましては、全額園児の育英に役立てる計画です。

不死身の御神木

令和3年 四面天伯御朱印

令和2年12月11日の霜月祭り開催時より、コロナ禍に思いを込めて新しい四面天伯御朱印を作りました。

四面=火王(火の神様)、水王(水の神)、木王(木の神)、土王(土の神)と天伯=金王(金の神)を意味します。
大ヒットしている映画「鬼滅の刃」では自然の力を身に着けた勇者が悪い鬼を退治していますが、 遠山の霜月祭では、四面天伯様(よおもて・てんぱく)といった自然界の神々が登場します。最後に登場する天伯は天地東西南北に弓を放ち、悪鬼外道を追い払います。
生きていく環境の中では自然の猛威もあるけれど、逆に大自然の力の強さもあるではないかとイメージしたものです。
ご参拝の際にご拝受下さい。

御朱印四面天伯



令和3年謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。
皆様方におかれましてはお健やかに新春をお迎えのこと お慶び申し上げます 。
本日午前0時30分より「歳旦祭」を催行し 無事新しい年を迎えることができました 。
皆様のご健康とご多幸を祈念し 新年のご挨拶とさせていただきます 。

令和三年 元旦
正八幡宮 宮司 宇佐美秀臣



令和2年霜月祭を終えて

 上町地区では今年は限られた中でも祭りを開催する運びとなりました。
自治会・総代会・保存会が何度も打ち合わせを重ね、自治会による感染予防対策の徹底、保存会による舞方・時間短縮の練習を重ね無事祭りを終えることができました。
又、見学をご遠慮いただくなど氏子以外の皆様のご理解とご協力を賜り深く感謝致します。
今年は特に新型コロナ終息の願いを込め「新型コロナ終息特別湯立て」を斎行致しました。来年はコロナが終息し、多くの方にご来訪頂き、各地区のお祭りにて神々に出会って頂きたいと思っております。


 12/10の準備+宵祭りと12/11~本祭の様子

令和2年霜月祭り開催について

今年(令和2年)の12月から始まる「遠山の霜月祭」の開催について、
新型コロナウイルス感染防止のため、見学者を受け入れず、飯田下伊那地区の氏子のみで開催することとなりました。

祭りの観覧を予定していた皆様におかれましては、ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

令和2年御朱印に彩を加えて

ようやく猛暑だった夏も終わり秋の気配が感じられるようになりました。
今年も残り数か月となりましたが、少しづつ外へ出て遠山郷へご来訪される方が増えてきているようです。神社の御朱印のお問い合わせを日々いただいております。
毎年、少しづつ御朱印のデザインを変えていますが、今年は「コロナ退散、一陽来復」の一文と色を加えて明るく致しました。

御朱印についてのお問い合わせは「問い合わせフォーム」よりお願いいたします。

御朱印 遠山の霜月祭

令和2年上町奉納煙火祭礼

令和2年8月15日 上町自治会に於いて奉納煙火及び安全祈願祭が開催されました。

新型コロナウイスの影響もあり開催の是非が問われましたが、大勢人が集まる 勢(きおい)は中止とし、花火のみ開催となりました。
地区住民の寄付によるものなので、規模も小さく5~10分程度で終わってしまうものでしたが、山間に空一杯に広がった花火は見る人の心を和ませてくれました。


2020清掃・伐採作業一段落

 今年の神社作業は分散して行い、多い方で5~6回作業に出ていただきましたが、今回で春の作業はおおよそ終わり。今回は周辺草刈り・道路に掛かる木の枝等を伐採、高い梯子にチェーンソーなど注意が必要な作業でしたが無事終了しました。
 神社周辺は森林に囲まれて厳かな雰囲気で良いのですが、森林が成長して道路にまで伸びて交通の邪魔にならないように。毎年の手入れは大事です。

屋根の清掃作業

5月に予定していた屋根の杉葉落としがようやく終えることができました。
コロナの影響や雨の影響で予定がノビノビとなっていました。
例年は地区の多くの方々に集まっていただき、神社全体の清掃活動を行っていましたが、今年は総代会・保存会からメンバーを集め少数で行っています。
本日は天候が良さそうだったので、急遽屋根だけ作業することとしましたが、屋根以外の作業も残っているので随時行っていく予定です。