令和2年霜月祭り開催について

今年(令和2年)の12月から始まる「遠山の霜月祭」の開催について、
新型コロナウイルス感染防止のため、見学者を受け入れず、飯田下伊那地区の氏子のみで開催することとなりました。

祭りの観覧を予定していた皆様におかれましては、ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

令和2年御朱印に彩を加えて

ようやく猛暑だった夏も終わり秋の気配が感じられるようになりました。
今年も残り数か月となりましたが、少しづつ外へ出て遠山郷へご来訪される方が増えてきているようです。神社の御朱印のお問い合わせを日々いただいております。
毎年、少しづつ御朱印のデザインを変えていますが、今年は「コロナ退散、一陽来復」の一文と色を加えて明るく致しました。

御朱印についてのお問い合わせは「問い合わせフォーム」よりお願いいたします。

御朱印 遠山の霜月祭

令和2年上町奉納煙火祭礼

令和2年8月15日 上町自治会に於いて奉納煙火及び安全祈願祭が開催されました。

新型コロナウイスの影響もあり開催の是非が問われましたが、大勢人が集まる 勢(きおい)は中止とし、花火のみ開催となりました。
地区住民の寄付によるものなので、規模も小さく5~10分程度で終わってしまうものでしたが、山間に空一杯に広がった花火は見る人の心を和ませてくれました。


2020清掃・伐採作業一段落

 今年の神社作業は分散して行い、多い方で5~6回作業に出ていただきましたが、今回で春の作業はおおよそ終わり。今回は周辺草刈り・道路に掛かる木の枝等を伐採、高い梯子にチェーンソーなど注意が必要な作業でしたが無事終了しました。
 神社周辺は森林に囲まれて厳かな雰囲気で良いのですが、森林が成長して道路にまで伸びて交通の邪魔にならないように。毎年の手入れは大事です。

屋根の清掃作業

5月に予定していた屋根の杉葉落としがようやく終えることができました。
コロナの影響や雨の影響で予定がノビノビとなっていました。
例年は地区の多くの方々に集まっていただき、神社全体の清掃活動を行っていましたが、今年は総代会・保存会からメンバーを集め少数で行っています。
本日は天候が良さそうだったので、急遽屋根だけ作業することとしましたが、屋根以外の作業も残っているので随時行っていく予定です。

一陽来復を願う

 今般の新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになった方々に謹んで哀悼の意を表するとともに、感染された方々やそのご家族、不安のなかにおられる方々に対して、心からお見舞いを申しあげます。
また、そんな中、各現場で業務に向かわれて看護を遂行されている皆様に、心より敬意を表します。
 今年は役員のみで行われた地区の祈年祭にて、 一日でも早い終息を願い 「新型コロナウイルス感染症流行鎮静祈願」も行いました。

「一陽来復」を願う。 以下のような意味があります。
・陰が極まって陽が返ってくる冬至の意味。
・冬が去り春が来る。
・悪いことが続いていたが良い事が起こるようになる。

遠山の霜月祭は、江戸時代には旧暦霜月11月の冬至の時期の祭りでした。
太陽の衰弱と再生という重要な節目に、神も人も自然界のすべてが生まれ清まることを願う祭り、「一陽来復」それが霜月祭りです 。
現在の時期は冬至ではありませんが、一日も早い終息を心から願います。

九州の神楽シンポジウム2020終えて

1/18、19日と行われた「九州の神楽シンポジウム2020」の出演を無事終えました。
 この公演会は、ユネスコの無形文化遺産登録を目指すという活動の一つでもあった為、練習時から信濃毎日新聞・飯田FM等の取材掲載もあり、地元の関係者を始め、職場のご理解や多くの方からの応援があり、公演会にて無事役目が果たせたのではないかと感謝しております。

 霜月神楽も多くの方が調査研究されてきた日本の古い神楽ですが、伝承・継承と点においては現実的に非常に厳しい状況となっています。
そのような中で、 今回このように大きな公演会に実際のメンバーで実演披露できたことは貴重なことであると考えております。
 今回の公演会は 、長野県飯田市の神楽として、全国各紙面に報道して頂きました。これをキッカケに、多くの方が関心を寄せて、遠山へお越しいただけると幸いです。

・信濃毎日新聞記事
https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20200120/KT200119SFI090005000.php
・朝日新聞記事
https://www.asahi.com/articles/photo/AS20200119001422.html
・共同通信
https://this.kiji.is/591554032605774945?c=39546741839462401

令和2年、御祝棒

現在は、上村では上町地区だけで行われている「御祝棒(ごいわいぼう)」と呼ばれる行事を行いました。
御祝棒は、 前年に結婚した夫婦の家へ子供たちが訪れ、子孫繁栄を願い、男性を象った棒で縁側を叩いて祝う行事。
(飯田市民俗文化財に指定されている行事)詳細はサイトへ↓
https://www.city.iida.lg.jp/site/bunkazai/goiwaibou.html

今年は残念ながら前年結婚した夫婦が居なかったため、神社の拝殿にて棒を叩きました。

令和2年、どんど焼き

どんど焼きは、お正月に(歳神)年神様をお迎えするために飾った門松や松飾り等を焼いて、空へお送りする、炊き上げるもの 。小正月に行われる火祭りの行事。

年々、炊き上げる松などが少なくなったり、参加できる人が少なくなっていますが、今年も立派などんと焼きのやぐらを作り、お餅などを焼いて食べる事が出来ました。

又、燃え終わった松の小枝を持ち帰り、家の屋根に投げ上げて火事にならないように願うという風習もここではあります。