平成最後の「事の神送り」

平成31年、平成最後の年となりましたが、本年も上村の中で唯一残っている「事の神送り」が2月3日に行われました。
その様子をup致します。
「事の神送り」についての説明は、その他の行事をご覧ください。

五色の紙によるお宝作り
お宝の完成
豆腐とネギが入った汁&清水屋の遠山ジンギス
事送りの前に食事をする。
地区の端から神事が始まる様子。

上町霜月祭り助っ人途中経過

今年度より初めて、上町地区「霜月祭り助っ人」募集をしたところ、お問い合わせや参加希望者からのご連絡が多数入りました。
この場をお借りし、御礼申し上げます。

近日、地区にて会議が開かれ、練習日・湯木割り日程・作業諸々詳細が決定致しますので、お手伝い頂けると連絡が入っている方々には追ってご連絡致します。
よろしくお願い致します。

まだまだ、助っ人打ち切りをしておりません。助っ人作業を見学希望の方も、お問い合わせ下さい
平成最後の年に加わった「助っ人」。新たな伝承として後世に伝えられていくことでしょう。

 

癒しの境内

上村川を上から臨める境内

澄んだ空気・美しい上村川を上から眺めながら、ゆったりとした気持ちになれる場所です。混雑していないので、ふらりと立ち寄った際に、御心を整えるのに良い場所です。

境内からの景色  境内からの景色

神社作業

連休最終日となる10/8に神社作業が行われました。

・湯木置場作り
・薪割り
・不用品の片づけ
・清掃作業、他

残暑の中、力仕事がほとんどで大変でしたが、総代長を始め氏子男性陣による作業により、見事に綺麗に完了しました。

 

湯木置場

 

不死身の御神木

2013年8月雷に打たれた「御神木」。

夏の急な雷雨で、バシッと雷が御神木に落ちました。
落ちた直後は、御神木にも亀裂が入り、影響を受けた枝が落ち、枯れてしまうと心配されましたが、その後何事もなかったように佇んでいます。
それから数か月が過ぎていった頃、小さなコブが出来て少しづつ少しづつ…大きくなって、現在に至ります。

(枝にはコブが見当たらないので、コブ病ではなく樹の樹幹が受けた傷がもとで起こった細胞の異常な増殖、復元しようとする自然の力が働きなのか?と推定)

氏子の間では、カミナリが落ちても死ななかった木、コブが段々大きくなってご利益あると噂されています。

ご参拝の際に、是非ご覧ください。

 

 

遠山の霜月祭 助っ人募集の案内

【遠山の霜月祭助っと募集について】

【飯田市上村 上町地区】において、今年度より助っ人を募集致します。

以下の案内をご覧下さい。クイックすると大きく表示されます。
助っ人していただける方は、☎0260-36-2205(山口 年番長)へご連絡をお願い致します。

 

クイックすると大きく表示されます。 続きを読む